Service

「 ドローン空撮 」

企業の広報担当者、広告代理店やデザイン会社のご担当者の方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 自然や建築物などをドラマティックな映像で紹介したい
  • 空撮は値段が高いのであきらめている
  • 空撮は撮影許可など申請が面倒だ

そのお悩み、ドローンなら解決できます

ドローンの空撮が選ばれている理由

低コストで空撮が可能
空撮はコスト面で敷居が高く、今まであきらめていませんでしたか?ドローンによる空撮なら、従来のヘリやセスナなどと比べ、機体の使用やパイロットにかかる費用が大幅に圧縮できるので、低コストで空撮を行うことが可能です。
今までにないドラマティックな映像
今まで見ていた馴染みの風景も、視点を変えると、全く違った印象に見えたという経験はありませんか?ドローンは地上からはもちろん有人飛行でも不可能なアングルから撮影ができるので、見慣れた風景もまるで映画のワンシーンのような非日常的でドラマティックなシーンに生まれ変わります。
面倒な申請も手間いらず
プラルトのドローン空撮サービスなら民間のライセンスを取得した専門スタッフが、撮影だけでなく、必要な許可申請から管理までを対応します。面倒な申請の手間もかかりません。

ドローン空撮サービスのご紹介

サービス概要

ドローン空撮は小型無人航空機(ドローン)を利用した新しい撮影のサービスです。はじめてのお客様もライセンスを取得した専門スタッフが計画の立案から各種申請の代行、フライトプラン・撮影、納品までを一括でサポートします。どうぞ安心してお任せください。

ライセンス・許可承認 JUIDA認定の操縦技能証明証・安全運航管理者証明証を取得
国土交通省の許可・承認を取得
保険 賠償責任保険加入済
撮影場所 松本市近郊を中心に長野県内全域
※ご要望に合わせて県外の出張撮影も相談可能です。お気軽にお問い合わせください。
撮影オペレーション 複雑な操作が必要な空撮ではドローンの操作とカメラの操作を2名で行う、2オペ対応での撮影も可能です。
画質 動画:4K 対応、静止画:RAW撮影対応
納品形態 データ(mov,mp4,jpg,tifなど)、DVD、HD CAM など
納品方法 ファイル転送サービス、YouTube、郵送など

ドローンによる空撮映像の利用例

  • 自然や観光地などの紹介映像
  • 建物や工場などの施設紹介映像
  • 企業や商品、サービスの紹介映像
  • 土木・環境調査などの記録映像 など

利用される媒体・場所(例)

  • インターネット(自社Webサイト、YouTube、SNS、動画広告など)
  • テレビ
  • イベント会場
  • デジタルサイネージなど

ドローン空撮映像へのこだわり

1,目的に合致した映像づくり

何のためにその映像をつくるのかなど、目的をしっかりと把握し、コンセプト、シナリオ、コンバージョン、配信媒体などを踏まえ、ロジカル的な設計で目的に合致した映像をつくります。また、ご希望に合わせ、ドローンの撮影だけでなく、映像全体の企画から納品までを一括して承ることも可能です。

2,高度な色表現への追求

同じ映像でも色の補正の仕方によって、被写体がより美しく鮮やかに見えたり、また、暗く沈んだ感じに見えたりなど、印象は大きく変わってきます。プラルトでは印刷や写真なども含め、長年にわたって色表現を研究し、ノウハウを蓄積しています。ドローン映像においてもそれらのノウハウを活かしながら適切に色をコントロールし、色彩豊かな映像づくりに努めています。

色補正例

3,デザイン性に富んだクリエイティブな映像づくり

「スマホなど、自分で撮った動画はなんか今ひとつなんだよな」と思ったことはありませんか?もしかしたらデザイン性に課題があるのかもしれまん。映像も静止画と同じく美しくわかりやすい画を撮るためには、構図や色などデザインに関する様々な経験やノウハウが欠かせません。プラルトではドローン撮影による映像についても長年培った確かなデザイン力で、美しくてわかりやすい映像づくりを目指しています。

構図の例

三分割法

三分割法は、画面の構図を決める際の基本的なテクニックのひとつです。画面フレームを図のように9等分し、線同士の交点上にデザインのもっとも重要な要素を配置すると、バランスが取れた安定した構図になります。その他にも構図にはシンメトリーや黄金比、余白を活かしたものなど様々なテクニックが存在します。

プラルトはクリエイティブディレクター、モーションデザイナー、グラフィックデザイナー、Webデザイナー、フォトグラファー、ライターなどクリエイティブ職のスタッフが30名以上在籍しています(長野県下最大級)。また、50年を超えるデザイン制作に携わっている実績があり、映像づくりにもそのデザイン力はいかんなく発揮されています。

4,動画マーケティング

映像は完成して終わりではありません。マーケティング的な思考でターゲット層により多く見てもらえるような工夫がプロジェクトの成功には重要だと考えています。私たちはWebサイトやYouTube、動画広告、SNS、スマホアプリ、テレビCM、展示会、デジタルサイネージなどを組み合わせながら、動画の効果的な活用をご提案します。

簡単6ステップ
ドローン空撮ご利用の流れ

①お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

ご相談・お見積り(無料)

電話の場合は 0263-28-8000 まで

②無料見積

お客様に、動画の目的や用途、希望撮影場所などをヒアリングさせていただき、
概算のお見積りをご提出します。相談、お見積りは無料です。

③ご発注

お見積りの内容をご検討いただき
よろしければプラルトへご発注ください

④詳細仕様決定

映像の詳細な仕様やスケジュールなどを打ち合わせしながら決定していきます。
また、必要に応じてロケハンを行い現場の下見や国土交通省への
許可承認取得などを行っていきます。

⑤ドローン撮影

前述の打ち合わせで決まった日程、仕様で撮影を実施します。
天候不順などで撮影できない場合は予備日で行います。

⑥納品

決められた期日、方法で映像を納品いたします。

事例紹介

クライアント:松本大学 様
目的:ブランドイメージ「信州の美しい自然と融合した大学」の訴求
ご利用サービス:ホームページ用ドローン空撮
撮影場所:長野県松本市
視聴媒体:Webサイト(URL:https://www.matsumoto-u.ac.jp/)

お客様インタビュー

松本大学 入試広報室
松島大樹 様

なぜ、TOPページにドローンの空撮映像を使用したのですか?
大学という場をイメージする素材としてドラマティックな映像が魅せられると思ったためです。従来の空撮は物理的な構造を見せるに過ぎず、地上からの撮影は面白みがない。ところがドローンによる撮影は、非日常的な視野による映像となり、普段感じることができないワクワク感を演出させる素材となると思ったからです。
実際にドローン空撮にあたり不安だった点はありますか?
法的な問題がクリアされているかどうか。また、対象外の周囲の景色が魅力となるか否か。本学の場合は「落ち着いた環境と捉えられるか」もしくは「何もない田舎と思われるか」でしたが、結果的にありのままの恵まれた美しい信州の自然環境がプラスの印象となりました。
不安な点について当社スタッフからアドバイスやご提案などはありましたか?
撮影時期が9月で紅葉が始まる頃だったこともあり、本来は映像的には最適ではありませんでした。しかし、プラルト様の映像加工技術により、事情を知らない誰もが「緑が綺麗な季節」と見ていただける映像となり助かりました。

また、映像をサイトに使うにあたり、ドローンのカメラアングルに加え、デバイスに適した映像加工をしていただき、画面比率が異なるデバイスでも問題なく使用できるようにしていただいたことが助かりました。

法的な問題については、大学が空港の滑走路の延長線上にあるためドローンによる空撮に制限はないか、また、国土交通省の許可が必要な地区かといった懸念事項がありましたがプラルトの専門スタッフによる調査やアドバイスなどにより、問題がないことがわかり、安心して撮影日を迎えることができました。
学外、学内から反響はございましたか?またどのような反響でしたか?
東京にお住いの方などからは、信州の美しい自然とキャンパスの融合に「羨ましい環境だ」と賞賛をいただきました。イメージを訴求する目的が十二分に果たせていると思います。
ドローン空撮を検討中の方にメッセージなどがありましたらお聞かせください。
「何を魅せたいのか?」が最重要かと思います。それは物的な「何」ではなく、映像効果の「目的」だと思います。その上で、ドローンは従来の映像のようにストーリーを過剰にお膳立てする必要がなく、撮影素材そのものが魅せられるものですので、その特性を積極的に活用されることをお勧めします。

ドローン空撮のFAQ

Q:ドローン撮影のほか、映像全体の制作もお願いできますか?
もちろん、空撮を含めた映像の全体の制作も可能です。映像制作サービスのご案内ページも当サイト内に用意していますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください。
Q:2オペって何ですか?
一般的に行われるドローン撮影は、パイロットとカメラマンの役割を1人で行います。いわば一人二役で、複雑な飛行を行うとカメラアングルの操作ができません。この問題を解決するため、パイロットとカメラマンそれぞれ専門のスタッフが担当し2名で撮影を行うことを2オペ(2オペレーション)と言います。洗練された映画のような空撮映像が可能となります。
Q:ドローンはどこでも飛ばせますか?
空港周辺、発電所などの施設や携帯電話の基地局、高圧電線などの強い電波干渉がある場所は飛行できません。現地調査いたしますのでご不安な場合はお気軽にお問い合わせください。
Q:落下したらどうするの?万が一の保証はしてもらえる?
サービス開始以来、数十回の飛行で事故歴はございません。また、万が一の事故の際も賠償保険に加入しております。
Q:飛行の許可や承認は大丈夫?
日本全国での国土交通省の許可承認を取得しております。飛行時間や場所によって特別な許可が必要になる場合がございます。まずはお気軽にご相談ください。
Q:悪天候でも飛ばせますか?
A:ドローンは精密機械の為少雨や霧でも撮影はできません。また安全のため、安定した撮影を行うためには強風でも飛行できない場合がございます。予めご了承ください。

ご不明な点はございませんか?

ドローンによる撮影のご相談、お見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。

ご相談・お見積り(無料)

お電話の場合は 0263-28-8000 までご連絡ください