News

第2回|クリエイティブセンスあふれる営業MAN|社員紹介

2020/10/28

【社員紹介】

20201028b.jpg

「常に学び成長し、魅力ある人間でいたい」

制作部から印刷加工部まで全ての部署と連携をとり、受注から納品までのディレクションを一手に担う。パンフレット等の紙媒体から大型の展示企画まで多岐にわたる企画・提案をする営業のスペシャリストだ。「商品を売ることよりも自分を売り込むこと。まずは自分という人間を好きになってもらいたいです。『青木さんだから仕事を頼んだ』と言ってくれるとうれしくなります」と話す彼は、持ち前のポジティブ思考と感性豊かなアイデアでクライアントからの信頼は厚い。クライアントの希望が100%とするならば、それを上回る120%の提案を心がける。いい意味で"期待を裏切る営業マン"を目指している。「物事をひとつの方向だけで見るのではなく、いろんな角度から見ることで多種多様な道が生まれます。"自分の考え方"がひとつの商品。その考え方に付加価値を生み出し、提供することが私の役割です」と彼は話す。

クライアントとの些細な会話からアイデアが浮かび、大きなビジョンを描く。それを形にするためには他部署とのコミュニケーションは欠かせない。これまで経験したことがない事でも自ら進んで取り組むことでキャパシティが広がっていくと考えているのだ。「クライアントの信頼を得るには積み重ねが必要。営業の考え方次第でマイナス100にもなるしプラス100にもなる。京セラの創業者である稲盛和夫氏の『京セラフィロソフィ』の中に【能力(0~100点)×熱意(0~100点)×考え方(-100~+100点)=人生・仕事の結果】という成功公式があり、能力や情熱がどれだけあっても、そこに考え方(生きる姿勢)を掛け算すると、結果は180度変わってしまうという式です。だからこそ考え方をプラスにすることを常に心がけています」。その公式を大事にしているからこそ前向きな彼の姿勢がクライアントの心を動かすのではないだろうか。

20201028c.jpg

休日はショッピングに行くのが日課。「昔は店員の方に話かけられるのが嫌いでした。今はこちらから話しかけています。それもひとつの縁、会話の中にも仕事につながるヒントがあります」。彼にとっては全てがプラスなのだ。

仕事のモットーは「初心を忘れず、常に謙虚さの心を持つことです。知らないことは学び、人として成長をし続けたい。魅力ある人間でありたいから」。

プロフィール

名前:青木 聡
所属:企画営業部2課 主任
勤務年数:勤続8年
出身地:松本市
好きなこと:スポーツ(高校時代はハンドボール部に所属)/ショッピング

社内からの声

1人目(web事業部映像ユニットの男性Nさん)
「とにかく興味が尽きない営業マンです。積極的に情報収集や勉強をし、官公庁・学校・病院・toB,toCの販促知識も豊富です。北海道~沖縄、北から南までその活動範囲も広く、撮影やお打合せなどにも身軽に行動しています。プロジェクト完了後のサポートもかかさないのでお客様からはすぐに『また来てください』の連絡あり。自分には真似したくても真似できません。」

2人目(営業部の女性Kさん)
「お客様との会話から先方の要望を引き出すだけでなく、それ以上の提案ができる人です。携わっている案件が多種多様なのでその経験からも幅広く豊富な提案力があるのだと思います。また、いつでも冷静に取り組める人なのでお客様からの急なご依頼にも的確に対応しています。多くのご依頼やご相談をいただけているのは彼の人柄からだと思います。」