News

信大生がつくるフリーペーパー「キャンパスブリッジ」の舞台裏

2016/07/29

【レポート】

CABvol27表紙より

プラルトでは地域貢献活動の一つとして、地元、信州大学の学生が作る、同大学生向けのフリーペーパー「CAmpus Bridge(キャンパスブリッジ)通称CAB」の制作を支援しています。

具体的にはキャンパスブリッジを作成している学生さんに、さらに魅力的な紙面がつくれるよう、デザインや印刷の基礎を教えたり、雑誌つくりに関するアドバイスなどを行っています。この支援活動も4年目を数えるほどになりました。

最新の「CAB 65号」では、表紙を飾る人物をプラルトのスタジオで撮影しました。CABの学生スタッフさんは、スタジオ撮影の基本や人物の撮り方のポイントなど、プラルトのプロカメラマンにアドバイスをうけながら一生懸命撮影に取り組んでいました。熱意あるCABスタッフのがんばりで、雰囲気のある素敵な表紙ができあがったのではないでしょうか。

実際の紙面はこちら。

CABvol27表紙
CABvol27中面1
CABvol27中面2

スタジオでの撮影風景はこちら。

キャンパスブリッジの最新情報はCABスタッフがTwitterでも配信しています。
ぜひチェックしてみてください。
CAB公式TWITTER

プラルトは「キャンパスブリッジ」を通して、これからも学生さんを応援していきます!