News

Campus Bridge 支援プロジェクトVol10

2013/05/02

【レポート】

「信州大学の学生だけで、作っている季刊誌、通称CABをより良いものにするために始めたプロジェクト、第10回目。」

信州大学も新年度を迎え、どうやら新人歓迎コンパで、新たなメンバーがたくさんCABに入ってきたようです。信大キャンパスにあるCABの部屋。キャ部(ブ)室。いわゆる「部室」(以降、部室)に入りきらないくらいの人数だそうで、うれしい悲鳴ですね。

1年生といえば、18歳か19歳。
大人になる一歩前ですね。
この3月までは、全国各地に散らばっていた高校3年生。
受験戦争を乗り越え、信州大学の門をくぐり、ここ松本に集まり、フリーペーパーというキーワードで繋がり、この部室に集まったメンバーです。

vol1003.jpg

きっかけはなんであれ、自分の中で思うところあって選んだコミュニティです。
楽しみ、時には悩みなど学生時代にしかできない事を謳歌してほしいと思います。
そんな、校長先生みたいなこと思う年になったアラフォーな私は、毎回学生たちの青春を少しだけ拝見でき、うれしくも、センチメンタルになるのであります。

vol1004.jpg

前回の会議から、各号の「コンセプト」というものに、視点を置いております。
7月号のコンセプトは、発行までのお楽しみということにして、それに沿った特集・企画など、進捗について行いました。

この会も、今後は1年生を交えたにぎやかな会議になりそうです。新しいメンバーに会える日を楽しみにしながら、今後も学生さんたちの後押しができればと考えております。

「CAmpus Bridge」(通称:CAB、キャブ)
現役信州大学生による信州の学生のための無料情報誌

発行月:4・7・10・12・1月
配布先:信州大学各キャンパス、松本市内各所
発行部数:各5000部発行

信州学生向け無料情報誌【CAmpusBridge】の公式ホームページ



関連記事