News

Campus Bridge 支援プロジェクトVol9

2013/04/09

【レポート】

「信州大学の学生だけで、作っている季刊誌、通称CABをより良いものにするために始めたプロジェクトも1年が経過し、第9回目を迎えました。」

ブログのリード文を前回のものからコピーして、8回目を9回目に変えたところで、1年経過じゃなかったと思いながら、この1年間を振り返ったり、振り返らなかったり。まとまりがなくなりましたので、本題に入ります。

今回の会議の議題は、CAB50号の反省点です。

CAB発行(2005年)から今回記念となる50号という節目の記念号だったため思い入れもあったようです。

ページ数も通常の32ページから48ページに増やし、信大松本キャンパスの片隅のCABBOXは、入稿までの数日間、深夜まで明かりが灯っていたようです。

vol0901.jpg

業に関する悩みでは、お客様から言われたキツイお言葉に打ちのめされたのが、かなりなショックだったようです。Iさんのショックは、WBCプエルトリコ戦の8回裏、内川の盗塁ミスしたときのような凹みでした。
CAB紙面の統一感という問題点には、
自分たちのエゴはなく、俯瞰で見ていくという客観的思考を忘れないというスタイルを重視していて、学生目線の読者(信大生)第一主義という考え方に感心しました。
誰かに頼まれて発行しているわけでもなく、利益主義でもなく、読者や、広告主様のために、自分たちで発行し続ける「サービス精神」に、利益主義になりがちな私たちは考えさせられます!

vol0902.jpg
4月を迎え新たなスタッフも入ることでしょう。
新入生も含め、クオリティ面・メンタル面でCABをこれからも応援していきます!
【50号記念にあたりメディアに露出しちゃいました!】
2013年3月月26日CABが掲載されました。

vol0903.jpg
2013年4月19日(金)AM9:44~
FM長野 NAGANO HEATBEAT ~ナガノノヒトビト~ に出演します。(代表:酒井さん&副代表:宝田さん)
http://jozufm2.weblogs.jp/gmr/nagano_heatbeat/


「CAmpus Bridge」(通称:CAB、キャブ)
現役信州大学生による信州の学生のための無料情報誌

発行月:4・7・10・12・1月
配布先:信州大学各キャンパス、松本市内各所
発行部数:各5000部発行

信州学生向け無料情報誌【CAmpusBridge】の公式ホームページ



関連記事