News

季刊誌「CAMPUS BRIDGE」のメンバーが、印刷の勉強にやってきました!

2012/02/22

【レポート】

信州大学の学生だけで発行している、季刊誌「CAMPUS BRIDGE」のメンバー8人が、プラルトへ印刷の勉強にやってきました。※「CAmpus Bridge」(通称:CAB、キャブ)は、現役信州大学生による信州の学生のための無料情報誌です!

きっかけは、弊社で年末に募集しているアルバイトで働いて頂いた信州大学経済学部の滝沢翔吾さんが、偶然にも「CAMPUS BRIDGE」発行のメンバーだったことから始まりました。アルバイト期間終了後も、印刷・制作に関しての質問が寄せられました。その勉強熱心な意欲に弊社も動かされ、印刷以外の部分も含めてアドバイスする時間を持ちました。その1回目として、印刷の基本(折丁・台割・面付け)や、スケジュールの立て方・デザインの基礎(トンボ・塗り足し)などをレクチャーしました。


学生からも、広告営業の仕方やデザインの基礎など悩んでいる話も伺いましたが、学生だけでこれだけのものを年5回発行していることは、苦労もあるかと思いますが、本当に頑張っている証ではないでしょうか!!このような体験が、少しでも学生の自信につながれば幸いです。また「CAMPUS BRIDGE」を発行するにあたり、効率も良くなり、新メンバーが加わって大きな輪になっていく事を応援していきます!


「CAmpus Bridge」(通称:CAB、キャブ)
現役信州大学生による信州の学生のための無料情報誌

発行月:4・7・10・12・1月
配布先:信州大学各キャンパス、松本市内各所
発行部数:各5000部発行

信州学生向け無料情報誌【CAmpusBridge】の公式ホームページ



関連記事