News

「建築とグラフィックデザインの関係」ほか 講習会レポート

2008/06/13

【レポート】

2008年6月10日、長野県安曇野市で「店舗計画におけるコンサルタント・広告」をテーマに講習会が開かれ、講師として招かれた当社アートディレクター・渋谷恒雄が、グラフィックデザインの重要性についてお話させていただきました。

この講習会は建築士会・安曇野支部からのお声掛けで、建築に関わるジャンルで広く深く、最新の情報を日々学んでいるみなさんが、異業各種の講師を招く勉強会です。

一見違う分野と思われがちな建築デザインと、そして私たちが得意とするグラフィックデザインの世界ですが、実は店舗の質を決定する重要なカギを握っていることを解説。クライアントの成功を導くための店舗デザインについて語りました。

質問コーナーでは「完成見学会を成功させるための秘訣は?」の問いに、ちょっとした企画アイデアで、驚くほど集客名簿を集めることができた当社の成功例を紹介。

shibuya-1.jpg

他にも「限られた予算内で最優先する販促ツールは?」「色覚異常のためのカラーユニバーサルデザインで、茶色は何色に見えるの?」など現実的かつ求心的な質問が飛び交いました。

【講習会概要】

「意匠・デザインの重要性について」
-店舗計画におけるコンサルタント・広告-

日時 6月10日(火) 18:30~20:30 
場所 研成ホール(長野県安曇野市)
講師 株式会社プラルト 渋谷 恒雄

販売促進・広告制作に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。
お問い合わせ